サンプル画像

永住者ビザは、日本に長期間、継続して滞在している者で日本での永住を希望している場合にこのビザを申請します。
国籍は元の国のままで、日本に永住するための許可を受けることができます。

在留期間に制限がない(更新をする必要のない)、就労活動に制限がない、日本人の配偶者と離婚したとしても日本で暮らせるなどのメリットがあります。

永住者ビザの取得できる条件

永住ビザは、条件を満たしていたとしても、個別に審査されますので申請してもビザが取得できるかどうかはわかりません。
しかし、条件を満たしているのであれば、取得するメリットが大きいので申請してみる価値はあると思います。

  1. 素行が善良であること。
  2. 独立生計を営むに足りる資産又は技能を有すること。
  3. その者の永住が日本国の利益に合すると認められること。
    • 原則として引き続き10年以上本邦に在留していること。ただし,この期間のうち,就労資格又は居住資格をもって引き続き5年以上在留していることを要する。
    • 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。納税義務等公的義務を履行していること
    • 現に有している在留資格について,出入国管理及び難民認定法施行規則別表第2に規定されている最長の在留期間をもって在留していること。
    • 公衆衛生上の観点から有害となるおそれがないこと。

10年在留という条件の特例

下記のいずれかに当てはまる場合は、10年在住していないと申請できないという条件が緩和されます。

  1. 日本人,永住者及び特別永住者の配偶者の場合,実態を伴った婚姻生活が3年以上継続し,かつ,引き続き1年以上本邦に在留していること。その実子等の場合は1年以上本邦に継続して在留していること。
  2. 「定住者」の在留資格で5年以上継続して本邦に在留していること。
  3. 難民の認定を受けた者の場合,認定後5年以上継続して本邦に在留していること。
  4. 外交,社会,経済,文化等の分野において我が国への貢献があると認められる者で,5年以上本邦に在留していること。

在留期間

無期限