申請取次行政書士とは

申請取次行政書士とは、入管法による手続きをする際に、ビザを取得する為の在留資格認定証明書交付申請、日本在留の在留資格の変更、在留期間の更新手続など、入国管理局に対する申請を、本来は本人が出頭して行わなければならないのですが、申請取次行政書士は、本人の代わりに申請することができる国家資格者です。

在留資格認定証明書交付申請の取次に関しましては、申請人またはその代理人(ご家族や就職先の企業)が日本に滞在している場合のみです。

申請取次行政書士が取次を行なえる業務

申請取次行政書士が取次を行なえる業務の範囲は、以下の通りです。

  1. 在留資格取得許可申請
  2. 在留期間更新許可申請
  3. 在留資格変更許可申請
  4. 在留資格認定証明書交付申請
  5. 在留資格の変更による永住許可申請
  6. 在留資格取得による永住許可申請
  7. 資格外活動許可申請
  8. 再入国許可申請
  9. 就労資格証明書交付申請
  10. 申請内容の変更申出
  11. 在留資格抹消の出願