サンプル画像

経営管理ビザ

経営管理ビザは就労ビザの一つで、外国人が、日本で会社を設立して経営する場合に経営管理ビザを取得します。

会社を設立しなくても、すでにある会社に投資したり、買ったりして経営管理ビザを取得することもできます。

日本で仕事がしたいという外国人は多くいますが、実際に日本での就労ビザの取得は簡単ではありません

もちろん経営管理ビザも簡単ではありませんが、他の就労ビザとの違いは受け入れ先がなくても自分で会社を設立、または投資して自分で働く場所(受け入れ先)を作ることができるということです。

ただし、出資金や経験などの申請基準があり、申請基準を満たしていたとしても、入国管理局に認めてもらえるだけの事業計画書や理由書の作成をする必要があります。

当事務所は、大阪外国企業誘致センター(O-BIC)に所属しており、条件を満たせば、最大15万円の補助金を受けることができます。詳しくは大阪外国企業誘致センター(O-BIC)の進出経費の負担軽減のページをお読みください。